教会は敷居が高いと思われるかもしれませんが、どなたが来てもよいところです。洗礼を受けていなくても、教会員でなくても神様は招いてくださっています。

神様は私たち人間をよいものとして造られました。ですから本来、自分を取り繕ったり、ほんとうの自分を隠したりしなくとも、神様に無条件で愛され、人間同士も安心して互いを尊重し合うことができるのです。

そして神様は、そのようなほんとうの自分を取り戻すために、神様のもとに帰ってきなさいとすべての人に呼びかけておられます。どんなにあなたのことを愛しているか、どれほどあなたの存在を喜んでいるか、気づいてほしいと願っておられるのです。

教会は、私たちが神様の愛の中で生かされていることを祝い合うところです。帰る家を目指して、喜びの時も涙の時も、ともに人生という地上の旅をしていく共同体です。どうぞいらしてください。お待ちしております。

※車いすの方も来会しやすい、ユニバーサルデザインの会堂です。(エレベーター・多目的トイレ設置)


主任牧師

吉川直美 (よしかわ なおみ)

東京都杉並区生まれ。祖母の家系はロシア正教会信徒。東洋大学で哲学を学ぶ。
元文芸書編集者、ルリユール(製本工芸)作家。人生が難破して初めて祈る中で、イエス・キリストと出会い、弟子となる。聖書を学ぶとともに、西方教会、東方教会の霊性や黙想に養われる。
2009年聖契神学校卒業、牧師按手、教育担当牧師となる。2010年、主任牧師となる。

聖契神学校教師(霊性の神学、キリスト教倫理、世界と教会、旧約通論、神学英語、比較宗教)、女子寮主事、事務スタッフ、運営委員。

好きなものは、修道院、旅、詩、黙想、車の運転、臨床美術、絶版本ハンティング、音楽・映画・舞台鑑賞、変わった楽器、重機、職人技、猫。
家族は地に母と兄家族、天に父と娘。

編著「ひと言でいいのです」(いのちのことば社)「きぼうのたね いのちの記憶」(いのちのことば社)他
翻訳『すこやかに祈る』、D.キンロー著『キリストの心で』、R.コールマン『キリストの血潮』(共訳)他。

臨床美術士/防災士/JEA神学委員/関東臨床宗教師会会員

宣教担当牧師(在ミラノ)

内村 伸之ミラノ賛美教会

1969年東京都福生市生まれ。
多摩美術大学卒業後、小笠原諸島父島へ移住。
その後、東京都総合技術センター研究員を経て東京都立芸術高校美術科主任教諭。

2003年11月、イタリア教会連盟より招聘を受け、イタリアにおいて日本人初の宣教師認定を受ける。

現在はミラノをベースにしつつ、オランダ南部日本語キリスト教会の顧問牧師、バルセロナ日本語キリスト教会牧師、シオンの群教会(東京・中野)の宣教担当牧師などを兼務、JTJ宣教神学校講師(宣教学)

宣教師

内村まり子(うちむら まりこ)

連絡先:シオンの群教会 海外宣教部 ミラノ担当
Email:mission.milano.jp@gmail.com

教会主事

植野 智恵 (うえの ちえ)

神奈川県出身。23歳の時、渡豪先で出会ったユースパスターとの聖書の学びをきっかけに福音に触れ、ヒルソングチャーチで受洗。26歳の時、参加した「東南アジア青年の船」でクリスチャン仲間との交流をきっかけにイエス様についてより知りたいと願うようになる。
2009年に聖契神学校に入学し、2015年に卒業。同時期に通信制の大学で心理学を並行して学ぶ。2011年にシオンの群教会に転会し、現在は、教会運営、牧会、宣教の働きのサポートをしている。

趣味:地域のボランティア活動。デジタルアート。映画やドラマ観賞が大好き。手話。アロマ。最近は、面白い調味料を探すこと。臨床美術士/防災士(地域の防災リーダーとして登録)